「お酒を飲むとすぐ顔が赤くなってしまう」

会社や友人との飲み会のときに、1,2杯飲んだだけで顔が赤くなると困りますよね。

周りからやたらと心配されたり、お酒に弱いとからかわれたり……など、嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。

ここでは、お酒を飲んでも顔が赤くなりにくくなる方法を3つ紹介しています。
対処法を知りたい方は参考にしてみてください。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでください。
すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

原因は「アセトアルデヒド」にあり!早く分解できれば顔が赤くなりにくい

お酒で顔が赤くなる原因は、アルコールが体内で分解されるときに出る、「アセトアルデヒド」という物質です。

アセトアルデヒドは強い毒性を持っており、二日酔いや吐き気、頭痛などの、いわゆる『悪酔い』状態を引き起こします。
この物質をすぐに代謝できれば、顔が赤くなりづらくなり、顔色も早く元に戻るのです。

では、具体的なアセトアルデヒド分解方法を見ていきましょう。

1.お酒を飲み続けて酵素の働きを高める

まずは、お酒をじっくり飲み続けて、アセトアルデヒドを分解する酵素の活性を狙う方法です。

「お酒を飲み続けると強くなる」という言葉を聞いたことはないでしょうか。
眉唾ものだとバカにされることもありますが、実際には、お酒を飲み続けると強くなることはありえます。

お酒を分解する酵素の遺伝子には、「NN型」「ND型」「DD型」という3種類があります。
その中の、「NN型」と「ND型」はアルコールを分解でき、飲み続けることで働きが活性化すると言われています。

N型は分解能力が高く、酒に強い。
いっぽう、D型は、分解能力が低く、酒に弱い。

これらの遺伝子は両親からひとつずつ受けつぐので、NN型、ND型、DD型の三種類にわけられ、

NN型は酒豪
ND型はそこそこ飲める
DD型はまるで受けつけない

となるのだ。

引用元:全日本下戸生活連絡会 (2003). 下戸でも自信が持てる本―酒の飲めない人生はこんなに楽しい! 廣済堂

事実、「お酒を飲み続けると強くなる」という説は、多くのお医者さんも支持しています。

面白いことに、「“強い遺伝子”と“弱い遺伝子”をそれぞれ持つ人は、ほどほどに飲めそうな感じがしますが、初めは限りなく下戸に近い状態。しかし、飲酒の機会が増えることで、強さが増していくタイプです」(浅部先生)。

“強い遺伝子”を持っているにもかかわらず、「自分は飲めないタイプだ」と勘違いしている人も少なくないのだという。

「鍛えれば酒に強くなる」は本当だった!? | 日経ビジネスオンライン

「アセトアルデヒド」を分解する「アセトアルデヒド脱水素酵素」が、生まれつきない人は、どんなに酒を飲む練習をしても強くなりません。
それ以外の人はある程度酒に強くなるといえるでしょう。

酒を飲んでいると、肝臓の中のアルコールを分解する酵素が活性化され、アルコール分解能力が高まるため、同じ量の酒を飲んでも体内からアルコールが消失する時間が早くなります。

引用元:セルフドクターネット 「酒を飲み続けると強くなるって本当?」

お酒で顔を赤くさせたくないなら、少しずつ飲み慣れていくことで解消できるかもしれません。

しかし、「アルコール依存症になるリスクがある」「無理に飲むと体に悪いからやめた方が良い」という反対意見もあります。

酔いの原因は、アルコールを分解したときにできるアセトアルデヒドだ。

これを分解するのが「アセトアルデヒド脱水素酵素」なのだが、この酵素の活性は遺伝子の組み合わせによって決まるという。

<中略>

酵素の活性はアルコール代謝を繰り返すうちに徐々に高まるが、これには個人差が大きいため、「無理に鍛えようなどと思ってはいけない」と浅部氏は釘を刺す。

もともと酒が強くない人が日々飲酒を繰り返すうちに「酒に強くなった」と勘違いして酒量が増えた結果、最悪の場合はアルコール依存症になるリスクもあるからだ。

「酒は飲んだら強くなる」が物議 医師も忠告「鍛えようと思ってはダメ」

飲み続ければお酒に強くなれる可能性はありますが、実行するかどうかはあくまで自己責任で行ってください。

ただ、下手にサプリメントや噂まがいの方法を試し続けるよりもよっぽど確実だと思います。
ちなみに、実は私も、お酒を飲み続けて強くなった一人です。

最初はチューハイ3杯で泥酔するほどお酒に弱かったのですが、4年間ほど飲み続けたことで、ビール15杯飲んでも平気なまでに強くなりました。

詳しくは、「チューハイ3杯で泥酔してた私がビール15杯飲めるようになった飲み方」を読んでみてください。

もっと簡単にお酒に強くなりたい!という方はこちらを読んでください。
2時間でお酒が飲めるようになった方法。二日酔いにもならなくなった極意!

2.飲み会の前に「L-システイン」を飲む

大学の研究によって、「L-システイン」というアミノ酸の一種が、アセトアルデヒドを無毒化することが観察されています。

つまり、お酒を飲んだときの悪酔い(気持ち悪さや二日酔い、顔の赤み)を軽くできるのです。

東北大学の研究では、アルコールを投与した後にL-システインを服用した結果、最大67%の胃内アセトアルデヒドの低下が観察されました。

本研究において、徐放性 L-システインの服用により、ALDH2 活性型では 67%、ALDH2 不活性型では 60%の胃内アセトアルデヒドの低下が観察され(図 3、図 4)、その効果は 2 時間持続しました。

引用元:胃癌のリスクを減らすサプリメント L-システインの効果は二日酔い改善だけではない

あくまで、上記の研究は「L-システインが胃がんのリスクを減らす」ことについて研究されたもので、お酒に強くなることを証明したものではありません。

しかし、理論的にはL-システインがアセトアルデヒドを中和することで、お酒を飲んだときに顔が赤くなるのを緩和できるはずです。

大手医薬品メーカーのエスエス製薬なども、L-システインの効果についてこう言及しています。

二日酔いの主な原因は、体内に入ったアルコールが代謝されてできる有害物質(アセトアルデヒド)にあります。

これが体内で増加することにより、頭痛や吐き気などの症状があらわれます。

L-システインは、この有害物質を無毒化する体のはたらきをサポートすることによって、二日酔いの症状にも効果を発揮します。

引用元:肌の代謝とハイチオール (L-システイン) | ハイチオール【エスエス製薬】

お酒に強くなりたいなら、飲み会前にL-システインを含む医薬品やサプリメントを摂取すれば良いでしょう。

私自身、お酒を飲む前と飲んだ後には、必ずL-システインのサプリメントを飲むようにしています。
飲んだときと飲んでないときでは、調子が全然違います。

あまりにたくさん飲みすぎたときには、流石に二日酔いになりますが(あくまでアセトアルデヒドを低下させるだけなので)、それでも朝にL-システインサプリメントを1粒飲んでおくと回復が早い気がします。

友人にも勧めて飲んでもらったところ、すこぶる気に入ったようで、「あのクスリをくれ!」と危ないせがまれ方をされたことがあります汗

「L-システイン」を多く含む医薬品

L-システインを含む医薬品に【ホワイピュア】があります。

ホワイピュアは第3類医薬品で、本来の目的はシミ・そばかすを緩和するためのものです。
ただ、L-システインが「最大量240mg」含まれており、他の商品と比べても特徴的です。

今なら2,900円(税抜)で購入できるので、まずは1つだけ買って効果を試してみると良いでしょう。

購入はこちら

3.坂上太一の『下戸を克服する極意』を実践する

コップ1杯で潰れてしまうような『DD型』の遺伝子の方は、「坂上太一」という下戸の方が考えたこちらの方法を実践すれば、顔が赤くなる問題を解消できるかもしれません。
>>アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

坂上太一さんは、最初はビールを1口飲んだだけでトイレで吐いてしまうほどの下戸でした。
しかし、上記の方法を試した後は、ビールを2リットル飲んでも平気なまでになっています。

その後、顔が赤くならない方法も見つけ、今では周りから『酒豪』とまで呼ばれているほどです。

私も坂上太一さんの方法を実践して飲み会をしましたが、ジョッキのビールを3,750ml(500mlの缶7.5本分)も飲むことができました。

ただ、その方法が書かれているレポートは有料で、公開が禁止されているためここで詳しく書くことはできません。
購入して試してみてください。
>>アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意