もし「ビールが美味しくなる方法がある」と聞いたら、知りたいと思いませんか?

「ビールは苦手…」という人には美味しく飲んでもらえるように、
「ビール好き!」という人にはより美味しく飲んでもらえるように…。

今回は「自宅でビールを美味しく飲む方法」を4つご紹介します!

今晩からでも実践できる方法もあるので、ぜひ実践して体感してみて下さいね。
ではさっそく見て行きましょう!

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでみてください
>>すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

ビールの製造日をチェック!

ビールを美味しく味わう方法は、購入から始まります。

アサヒビールが定期的に発売している「鮮度実感パック」をご存知でしょうか?
それは「製造後、3日以内で工場から出荷」していることを訴求した商品です。
キャッチコピーでも「ビールは、できたてがうまい。」とうたっています。

ビールをおいしく飲むために「鮮度」は非常に重要な要素です。
ビールは、できたてを工場で飲むのが理想です。

なぜなら生鮮食品と同じく、ビールはびんや缶に詰められた直後から時間の経過とともに品質が劣化し始めるからです。

また、極度の高温・低温状態、あるいは直射日光の当たる場所で保管したり、振動や衝撃を与えるなどしても品質は劣化します。
ていねいな取り扱いを心がけましょう。

引用元:鮮度実感パック|アサヒスーパードライ|アサヒビール

上記商品が物語る通り、ビールの製造日は美味しく飲むための第1ステップ。
缶ビールだと、底面に製造日が記載されているので、チェックしてみましょう。

なぜ製造日と味が紐づくのか。
それはビールの味を落とす原因を知るとより分かりやすいです。
その原因とは、時間・温度・日光・衝撃・酸素の5つ。

特に時間は天敵です。
ビールに含まれる成分が変化して、酸味が強くなる等、「味の劣化」が起こります。

そのような観点から、製造から1ヶ月以内のビールを選ぶとより美味しく飲めるでしょう。

キンキンに冷やす!

ビールを美味しく飲むために一番大切なのは何だと思いますか?
実は「温度」なんです。

とにかく冷やせばいいというワケでなく、ビールにも適温があります。
ビールの適温は「6~8度」。

ただ、季節によって適温は変わります。
夏は「4~6度」、冬は「6~8度」にするとより良くなります。
一般的な冷蔵庫では、4時間ほど冷やせば適温くらいの冷たさになります。

適温にしなかったら、何がどう変わるのでしょうか。

実は冷やし過ぎると、泡立ちが悪くなり、原料である麦そのものが凝固し濁ってしまいます。
逆にぬるいと、泡が立ち過ぎる上、のどごしも悪くなります。

そのことから、適温にすることでおいしさを保つことができるんです。

グラスに注ぐ&グラスにもこだわる!

「ビールはグラスに注ぐと美味しい」という話はよく聞きますが、なぜでしょうか?

ポイントは、「金属味」と「炭酸の強さ」です。

まずビールの販売形態としてもっとも多い「缶」に入った状態ですと、そのまま飲まれる方も多いと多いと思います。
そうすると、缶に舌が触れますよね。
そこで感じるのはビールと缶の「金属味」。

また、開栓してスグのビールは炭酸が強く、その炭酸が舌を刺激します。
これだけでも、グラスに注いだときの味と缶から飲んだときの味ではちがいがあるんです。

ではグラスで飲むとどうでしょうか。
一度缶から出すことで程よく炭酸は抜け、舌が触れるのはグラス。
味にはそう影響は出ません。

トコトンこだわるなら、注ぐグラスにもこだわりましょう。
グラスはきれいに洗うのはもちろん、ベストなのは「自然乾燥」させること。

ふきんなどで拭くと、ふきんに付いた油分や繊維のクズなどが付着し、
ビールの味に影響が出るためです。

また、グラスも冷蔵庫で冷やしておくと尚良し!
口に含む直前まで、適温を保つことができるからです。

注ぎ方を考えよう!

最後にお伝えしたいのは「注ぎ方」。
注ぎ方ひとつで味が変わるほど、ビールは繊細なんです。

仮にビールとグラスがあるとして、説明していきます。

1.まずはグラスにそのままビールを注ぎます。
ここではビールの酸化から守ってくれる泡を作るため、グラスは傾けずそのまま。
1/3ほど注げば、残りは泡で一杯になります。

2.泡が落ち着くのを待ったら、グラスを傾け、グラス伝いにビールを注ぎます。
炭酸がトンでしまわないように、ゆっくり注ぎましょう。

3.最終的に、「泡:3 ビール:7」の割合になったらベストコンディションです!

最後に、ビールの注ぎ足しはやめておきましょう。
炭酸がとんでしまい、せっかくののどごしが減ってしまいます。
注ぐなら、飲み終わってからが◎です。

以上、今回は「自宅でビールを美味しく飲む方法4つ」を紹介してきました。
ビールが苦手という人も、このステップを踏めばビール好きに変わるかもしれません。

ぜひ実践してみてくださいね!