ビールの美味しい割り方をご存知でしょうか。
実は苦手だという人が多い「ビール」。

それがちょっとした一手間でぐっと美味しくなる、と聞いたらつい試したくなりませんか?

そこで今回は、そのまま飲むのは「苦手…」という人にも飲みやすく飲んでもらえるビールの割り方を5つご紹介します!

定番から「えっ、そんな組み合わせ!?」とつい驚くものまであります。

「ビールが嫌い」という人はもちろん、ビールが好きな人も楽しめる内容です。
ではさっそく紹介していきましょう。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでください。
すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

ジンジャーエール(シャンディーガフ)

最初に紹介する割り方は「ジンジャーエール」。
ビールカクテルの代表と言っても過言ではない、「シャンディーガフ」におけるビールのパートナー的存在ですね。

苦味のあるビールに対し、甘めの「ジンジャーエール」を入れることによって、より飲みやすい口当たりに。
また、レモンやライムのスライスを入れると爽やかさが増し、スッキリとした飲み口になります。

レシピ
ビール 1/2
ジンジャーエール 1/2

トマトジュース(レッドアイ)

次に紹介するのは「トマトジュース」。
こちらも定番ビールカクテル「レッドアイ」の割りものです。

飲まれたことが無い人はその組合せを聞くと、「えっ?」と驚かれる人もいます。
ところがいざ飲んでみると、「意外とおいしい!」「飲みやすい!」といって好まれる人も多数。

またトマトに含まれる糖類(ブドウ糖、果糖など)と、アミノ酸(アラニン、グルタミンなど)などがアルコールの分解酵素を活性化させることから、二日酔い予防にもなる才色兼備なカクテルです。

レシピ
ビール 1/2
トマトジュース 1/2
※お好みにより、セロリ・塩・胡椒・タバスコを加えても◎。スパイシーな印象になります。
※レモンを加えると酸味が増して爽やかに。

コーラ(ディーゼル)

ビールに「コーラ」が合うのをご存知ですか?
「ディーゼル」と呼ばれるカクテルで、純粋にビールとコーラを割ったシンプルなもの。

ただ、
・ビールは「スタウト」にする(ラガーではない)
・コーラは「コカ・コーラ」にする(ペプシ、ダイエットコーラではない)
にすると、より美味しく飲めます。

レシピ
ビール 適量
コカ・コーラ 適量
※分量は人の好みで変わります。
※レモンを入れても後味がスッキリしてオススメです!

ヨーグルト(ハイジ)

4つ目には「ヨーグルト」をおすすめします。
よくスーパーなどで見かけるあのヨーグルトをそのまま使用します。
そうすると「ハイジ」という可愛らしい名のカクテルに姿を変えるんです。

「好き嫌いの分かれる味」だと表現される人もいながら、ファンが多いのも納得の飲みやすさ。
ビールの苦味がヨーグルトによってまろやかに。
甘いのがお好きな人には、加糖タイプや飲むヨーグルトを入れるのもアリでしょう。

レシピ
ビール 1/2
ヨーグルト(プレーン) 1/2
※ヨーグルトはプレーンでなく、加糖タイプを入れても飲みやすくて◎。

カルピス(ダブルカルチャード)

最後におすすめするのは「カルピス」。
こちら、実は日本のアサヒビールが発祥元の飲み方であります。
カクテル名は「ダブル カルチャード」。

カルピスを足すことによって特有の甘みがグッと増します。
その味についハマっちゃう人も続出のようです!

レシピ
ビール 5〜6
カルピス 1
※ビールは黒ビールにしても◎。
※アサヒビールが作ったカクテルであることから、ビールには「アサヒビール」を推奨していますが
それ以外のブランドでも作ることができます。

以上、今回は「ビールの飲みやすい割り方オススメ5選」をご紹介してきました。

甘いものからさっぱりまで、ビールと合わせるだけでこんなに味を楽しめるんです。
ぜひ色んな割り方を試してみてください。

ちなみに、飲みやすいビールを、「お酒が弱い人でも飲めそうなビールおすすめ3選!飲みやすいと話題のビールを集めました」で紹介しているので、あわせてご覧ください。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでください。
すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法