「アルコールパッチテストをしたい!でも、どんなアルコールを使えば良いの?」

アルコールに対して、自分がどれほど耐性を持っているか調べられる「アルコールパッチテスト」。

簡単な手順で、自宅でも気軽にチェックできます。
ただ、その際に注意したいのが、使用するエタノールの「濃度」です。

アルコール度数が低いと、正確な結果が出ません。

ここでは、「いったい何%の度数のエタノールを使えば良いのか」を解説しています。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでみてください
>>すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

アルコールパッチテストには濃度70%ほどのエタノールが最適

アルコールパッチテストには、濃度70%ほどのエタノールを使うのをおすすめします。
エタノールは濃度が低いとアルコール耐性を調べるテストには向きません。

一般の人でもドラッグストアやコンビニで簡単に購入できます。

医療用であれば明確にエタノールの濃度が記載されていますので、消毒用アルコールなどを購入すれば問題ありません。

たとえばこちらのような商品。

300円台という安価な価格、余ったものは手指の消毒用としてスプレーボトルに詰め替えれば無駄なく使えます。

「エタノール(C2H6O)76.9~81.4vol%を含有」ということですので、これを直接染み込ませればアルコールパッチテストとして使用可能です。

ちなみに、私はこちらの手指消毒用アルコールを使って、アルコールパッチテストをしました。

プッシュボトルなので使いやすいです。
手軽にアルコールパッチテストしたい方におすすめです。

料理酒やみりんではアルコールパッチテストにならない

料理酒やみりんといったものはアルコールパッチテストに代用できません。

だいたい料理酒であれば12%から13%、みりんであれば14%前後なので、圧倒的にエタノール濃度が足りないです。

また、ウイスキーなども市販のものは40%から50%未満ですのでこちらも不向きとされています。

やはりアルコールパッチテストを行うには消毒用や掃除用のエタノール溶液を購入するのがベストとなります。

価格の面では自宅で、信頼性の面では専門機関へ

病院や専用の検査キットで調べることも可能ですが、その場合はだいたい3,000円から5,000円ほどの費用が掛かります。

もちろん専門的な分析が出来ますので信頼性が高いのはこちらの方法となっています。

自宅でのアルコールパッチテストは、ご説明したようにエタノールの濃度によって若干の誤差が生まれるのも事実です。

そのため、お酒が本格的に飲めないというような方は専門機関に一度足を運んでみてもいいかもしれません。