アルコールパッチテストは、、自宅でもアルコールがあれば簡単にできる検査方法です。

しかし、ウイスキーなどのアルコール飲料でも代用は可能なのでしょうか?
ウイスキーはアルコール度数が高いことで知られているお酒で、自宅にあることも珍しくないお酒です。

ここでは、アルコールパッチテストにウイスキーが代用できるのかどうかを確認していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでください。
すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

基本的にウイスキーでアルコールパッチテストはできない

アルコールパッチテストに必要なエタノール濃度は、最低でも70%以上です。
それより低いと、正確な結果が出ないおそれがあります。

自宅にあるウイスキーの平均的なアルコール度数は、せいぜい40%から高くても50%というのが限界でしょう。

なので、ウイスキーをアルコールパッチテストに代用できるかどうかというと、答えは「ちょっと難しい」です。

ちなみに、一般的な酒屋さんにおいてあるウイスキーでも最高は55%くらい。
通販で取り寄せたとしても、現状で一番アルコール度数が一番高いウイスキーは67%~69%なので、それでもテストをするにはやや濃度が足りません。

一応、アルコール度数70%以上のウイスキーもあるけれど……

ご説明したように、市販で手に入るウイスキーだとちょっとアルコール濃度が足りません。

もちろん、ウイスキーの中には、レアなアイテムでアルコール度数が70%以上のものがあります。
ただし、そのクラスのものはヴィンテージウイスキーの類に入りますので貴重です。

こういったウイスキーが、「アルコールパッチテストを受けてみようかな?」と考えている方の家にあることはかなり稀です。

アルコールパッチテストに使うにしては、かなり高価なものになってしまいますから、ウイスキーを代用するというのは不向きと言えるでしょう。

アルコールパッチテストには、手指消毒用アルコールがおすすめです

アルコールパッチテストには、ドラッグストアやコンビニで買える、手指消毒用アルコールがおすすめです。
手軽に買えますし、テスト後も消毒や掃除用に使えます。

自宅にアルコールがある場合は、成分表記をよく見てみてください。
「エタノール○○vol%」と書いてある○○の部分が70以上であれば、アルコールパッチテストに活用できます。

ちなみに、私はこちらのアルコールでテストをしました。

こちらは「エタノール(C2H6O)76.9~81.4vol%を含有」と表記されています。
アルコールパッチテストを行うには充分なエタノール濃度です。

本当にお酒が飲めない人は、ウイスキーでも肌が赤くなることはある

正確な検査結果が出ないため、基本的にウイスキーはアルコールパッチテストには向きません。

ただ、本当にお酒が飲めない人は、ウイスキーでも肌が赤くなることはあります。

自宅でやるアルコールパッチテスト同様に、ウイスキーを絆創膏やガーゼに染み込ませて、それを腕の内側に貼ります。
そして、7分から10分後に剥がしてみてください。

それで肌が赤くなるのであれば、「アルコールの分解の能力がない」ということです。

このように、アルコールに対しての耐性が「ある」か「ない」かくらいであれば、ウイスキーでも調べられます。

しかし、もちろん正確性には欠けるので、できればご紹介したようなアルコールを用意しましょう。

アルコールパッチテストのやり方は、「アルコールパッチテストのやり方を紹介!自宅で簡単4ステップ!」をご覧ください。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでください。
すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法