最近のノンアルコール飲料は、味がどんどん美味しくなっています。

今ではビールに限らず、カクテルはもちろん、ワインや日本酒のノンアルコール飲料なども売られているほどです。

ですが、このノンアルコール飲料、飲んでも本当に酔わないのでしょうか?
少し疑問に思いますよね。

結論から言うと、「酔うノンアルコール飲料」と「酔わないノンアルコール飲料」の両方が存在します。

それはどういうことなのか。
ここでは、ノンアルコール飲料に含まれるアルコールについてご紹介します。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでみてください
>>すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

実はノンアルコール飲料には2種類ある

一口にノンアルコール飲料といっても、実は2種類あるのをご存知でしたか?

1つは、アルコールをまったく含まない飲料。
もう1つは、アルコール1%未満の飲料です。

法律上は、1%未満ならばノンアルコールと表記できるため、どちらもノンアルコール飲料と呼ばれます。

酒税法では、下記のように定義されています。

ノンアルコール飲料とは、含有アルコール量が1%未満の飲料です。

この解釈にしたがうと、普通の清涼飲料水はすべて含まれることになりますが、ノンアルコール飲料というと、通常は外観、味、香りなどが酒類に似ているものを指します。

引用元:ノンアルコール飲料 | e-ヘルスネット 情報提供

アルコール1%未満といっても、実態はアルコールが含まれているため、たくさん飲めば結局は酔います。

実際に、「ノンアルコールビールで酔うかどうか」を実験された方もいますが、0.1%のノンアルコールビール8本目でアルコールチェッカーに反応しています。

>>デイリーポータルZ:ノンアルコールビールはどれだけ飲めば酔うか

中には、アルコールが0.5%も含まれるノンアルコール飲料もあるので注意が必要です。
量を飲めば普通に酔ってしまうので、買うときは成分表示をしっかり確認しましょう。

現在はアルコール0%パーセントの飲料が主流になっている

最近では、アルコールがほぼ含まれていない、「Alc. 0.00%」と明記されたノンアルコール飲料が主に販売されています。

「Alc. 0.00%」のノンアルコール飲料ならば、いくら飲んでも酔うことはありません。
もし大量に飲む可能性があるならば、「Alc. 0.00%」と書かれているものを選ぶと良いでしょう。

「Alc. 0.00%」と明記している場合、普通は「アルコールが0.05%以下」どころか限りなく0.00%に近づくように細心の注意が払われており、どれだけ飲んでも酔うことは無い

引用元:ノンアルコール飲料 – Wikipedia

これなら、お酒が弱い人でも飲めますし、運転しても捕まることはないので安心です。

「Alc. 0.00%」でも酔った感じになることもある?

飲み会や宴会などで、「Alc. 0.00%」のノンアルコール飲料を飲んでいるはずなのに酔っている人を見かけたことありませんか?

「0%と言いつつ、本当はアルコールが入っているんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それでは表示違反になってしまうので基本的にありえません。

では、なぜノンアルコール飲料でも酔う人がいるのでしょうか。

実はそれは、「プラシーボ効果」のせいなのです。

プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬効果とも呼ばれており、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒すること

引用元:プラセボ効果の威力恐るべし。それが偽物だとわかっても効果が持続するその理由とは?(米研究)

最近のノンアルコール飲料はおいしくなっている、と冒頭で述べましたが、本当に美味しくなっています。

そのため、香りも味も本物そっくりのノンアルコール飲料を飲むと、体が錯覚を起こして、酔ったようになってしまうのですね。

「Alc. 0.00%」のノンアルコール飲料を飲んでも、気持ち悪くなったり、二日酔いにならない?

プラシーボ効果で酔ったように感じても、それは本当に酔っているわけではありません。

悪酔いの原因となるアセトアルデヒドも発生しないので、気分が悪くなったり、二日酔いになる心配はありません。

なので、お酒が弱い人は、ノンアルコール飲料を上手く使うと気分を高めたいときに役に立ちます。

例えば、飲み会に行くと「飲んでないと場をシラけさせてしまうかも」と気にする方もいますよね。
ですが、飲めない人が無理してお酒を飲むと危険です。

それでも付き合いで飲まなければいけない場面では、ノンアルコール飲料を頼むといいでしょう。
自分だけでなく、周りの人もなんとなく一緒に飲んでいる気になることができて、場もシラけません。

また、これから車を運転しなくてはならないという方も、食事と一緒にお酒を楽しむ気分を味わうことができます。

お酒が好きなひとは、やはりお茶やジュースじゃ物足りないことがあるかと思いますが、ノンアルコール飲料ならそんなもどかしさも満たしてくれます。

ノンアルコール飲料は、飲みたくても飲めない人の味方ですね。