ウイスキーというと、「アルコール度数が高くて飲みづらい」という印象があるでしょう。

確かに、ウイスキーはほとんどの国で「アルコール度数が40度以上」と義務付けられていて、それ以下の場合ウイスキーとして認められません。

しかし、実はウイスキーには飲みやすいものもたくさんあるのです。

ウイスキーは造られる国や地域によって様々な味わいをみせてくれるお酒です。
ここでは、お酒が弱い人にも飲めそうなウイスキーをご紹介していきます。

ぜひこれをチェックして、一度試してみてもらえれば幸いです。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでみてください
>>すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

一番飲みやすいのは国産ウイスキー『響』

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY 700ml

やはりなんでもそうですが、日本人に合うのは国産のものです。
ウイスキーも国産のものがありますので、その中からチョイスしてみるのもひとつの手ですね。

代表的なものでいうと、「響」や「山崎」といったサントリーから販売されているものが挙げられます。
味わいも柔らかく食事との相性もいいので、ウイスキー単体とだけ向き合わなくて済みますからね。

まずは国産ウイスキーの響から始めてみるのもお酒が弱い人に向いているかと思います。

スコットランドウイスキーの代表格「グレンモーレンジ」

グレンモーレンジィ オリジナル 箱入り 700ml

こちらはスコットランドのハイランド地方で造られているウイスキーです。
グレンモーレンジ蒸留所からは様々な商品がラインナップとして挙げられますが、おすすめは「グレンモーレンジオリジナル」です。

直火炊きで抽出されたウイスキーの原酒にはいやな臭みがなく、さらにはジャックダニエルを熟成させた樽でお酒を寝かしていますので、メイプルシロップのような甘みが特徴的。

お酒が弱い人でも比較的飲みやすい本格ウイスキーなので、バーなどで置いてあったらぜひ注文してみてください。

アイルランド産の「タラモアデュー」

アイリッシュ ウイスキー タラモア デュー 700ml

アイリッシュウイスキーに位置づけされるタラモアデュー。
お酒が弱い人に対して、ウイスキー入門編としてよくバーテンダーがチョイスする銘柄のひとつです。

かなり軽い味わいがその特徴として挙げられ、良い意味で無個性といった感じです。
滑らかな舌触りによって、お酒が弱い人にもアルコールが優しく感じられると思いますのでオススメの一本となっています。

ちなみにこちらはミルクで割っても美味しいのでぜひ試してみて下さい。

バーボンの中で人気商品「フォアローゼス」

フォアローゼズ びん 700ml

フォアローゼスはアメリカ・ケンタッキー州で造られているバーボンの1種です。

甘いバニラのような味わいが特徴的で、お酒が弱い人でもかなり飲みやすいウイスキーのひとつとして昔から人気となっています。

最初はロックなどの飲み方が難しいと思いますので、こちらをコーラ割りで飲んでみることをオススメします。

お酒の弱い人でもコーラと合わさった甘い香りに苦手意識がなくなると思います。

お酒が弱い人には香りが弱いものか甘い味わいのものがベスト

お酒が弱い人にとって、やはりウイスキーの匂いというのはかなりキツく感じるかと思います。

そのため最初は香りが弱いものを選ぶのが良いでしょう。
今回ご紹介したものを参考にチョイスしてみてください。

また、味に関しては甘さが強いほうが飲みやすく、抵抗なく飲めるかと思います。
ウイスキーをジュースなどで割るというのは邪道のように捉えられがちですが、実際はそんなことありません。

こちらに挙げたウイスキーはどれも個性を主張し過ぎないものばかりですので、自分の好きなソフトドリンクで割ってみてもおいしく飲めます。