お酒が弱い方にとって飲み会の場で頼りになるのは、意外にもウイスキーや焼酎などの「割って飲むお酒」です。

好きなドリンクで割ったり、濃さを調整できるので自分好みに飲みやすくできます。

特に、どんな飲み物で割っても大体おいしくなり、価格も手頃な「焼酎」は飲み会のマストアイテムと言っても過言ではありません。

本記事では、そんなお酒が弱い方におすすめの焼酎の飲み方をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでみてください
>>すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

ほんのり甘くておいしい「午後の紅茶割り」

焼酎をウーロン茶や緑茶で割ることはよくありますが、それでもまだアルコール感が強いという方にオススメなのが、「午後の紅茶割り」です。

特に、適度に砂糖が入っている「ストレートティー」や「レモンティー」を使うと、ほんのり甘くて飲みやすいです。

香りがアルコール感を消してくれる「ジャスミンティー割り」

沖縄では「さんぴん茶」としても知られている「ジャスミンティー」。
ジャスミンの香りが強く、アルコール感を消してくれるので、アルコールの感じが苦手な方にオススメです。

また、糖分がないので、食事にも合わせやすいです。
飲みすぎてもカロリーを気にしなくていいというメリットもあります。

甘くてカクテルみたいな「アセロラジュース割り」

こちらはかなり甘めのカクテルのような味わいとなります。
最近では居酒屋さんでもアセロラジュースが置いてありますから、頼むのに困らない飲み方ではあります。

アセロラはビタミンが豊富ですので、アルコールよって損なわれるビタミンの補給にもなります。
おいしくて、体調も整えてくれる、お酒が弱い方には最適な飲み方と言えるでしょう。

苦味や酸味がうまく中和される「コーヒー割り」

お酒は苦手だけどコーヒーは好き、という方も多いはず。
そんな方には焼酎のコーヒー割りをオススメします。

砂糖やミルクを入れても自分好みにアレンジできますし、ブラックが好きならそのまま割っても大人な味わいになります。

もともとコーヒーには苦味や酸味といったものがありますので、焼酎と中和されてお酒が苦手な方でもスムーズに飲むことができます。

また普段から飲みなれている缶コーヒーなどがあれば、それを使っても大丈夫です。

ただし、カフェインの摂取量が多くなりますのであまり杯数を重ねることはできません。
もちろん2~3杯飲む分には問題ありませんので、一度お試しください。

焼酎好きの人にも選ばれる「お湯割り&梅干し」

ちょっと冒険したい方は、焼酎のお湯割りに梅干しを入れてみましょう。
昔から、焼酎好きの人にも選ばれている飲み方です。

少量の焼酎をたくさんのお湯で割れば、焼酎独特の臭いも抑えられ、ほんのりとした甘みを楽しめます。

お湯割りは比較的ゆっくりと飲めますし、さらに梅干しの風味が焼酎を飲みやすくしてくれます。

実際に「お酒があまり飲めない人でもお湯割りは好き」という人もいるので、興味があればぜひ一度試してみてください。

また、お湯割りの梅干し入りを頼むと「お酒が飲める人に見られる」というメリットもあります。
あまり量を飲みたくない人であれば、合コンや飲み会の場でかなり重宝される飲み方と言えるでしょう。