実践レビュー!アルコールパッチテストで医者に下戸認定…を買って試しました | 坂上太一さんの商材

坂上太一さんの書いたレポート「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」。

下戸が2時間で酒豪になったとのことですが、現実的にはありえなさそうな話で、正直かなり疑わしいです

商材に書いてあることは本当なのでしょうか?
真偽のほどがとても気になったので、実際に買って読んでみました。


インフォトップというサイトから買いました。
料金が2万円近く、正直買うのにかなりためらったのですが、この実験のために奮発しました……。

ここでは、商材を呼んでみての感想と、商材に書かれていることを実践した後の飲み会の様子を書いています。

購入の際の参考にしてみてください。

購入はこちら
>>「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」公式サイト

目次

「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された(略」を読んでみた感想

まずは、読んでみた感想を書きます。
レポートをすべて読んでみて、私が感じたことを箇条書きにして書きます。

それぞれ詳しく説明していきますね。

1.極意は、普通の人なら絶対に思いつかない方法

極意は、予想の斜めの内容でした。
この方法を思いつく人は、他には多分いないんじゃないかと感じました。

私は、このレポートを買う前は「ゲンキウコン(サプリメント名)を飲むのかな」と思っていましたが、違いました。
ウコンを飲む、しじみエキスを飲むなどのありふれた内容ではないです。

販売サイトには、「私が8年間かかって発見した方法」とありましたが、おそらく嘘ではない感じはしました。

2.文字が大きくて、ちょっと画像が粗め。デザイン的にはかなりラフ

文字のサイズがかなり大きく、改行が多いです。
1ページあたりの文字数は最高でも200文字ほどです。
画像はちょっと粗めですが、普通に判別できます。


商材内の文章の一部

商材内の画像の一部

デザイン的には、「手作り感がある」と言えばしっくりきます。
市販の書籍をイメージすると拍子抜けするかもしれません。

3.「商材を買ったその場ですぐ酒豪になれる」のではないのが少し残念

極意を実践するためには、その前にちょっとした用意を整える必要があります。

「商材を買ったその場ですぐ酒豪になれる!」というわけではありません。
私は、こう思い込んでいたので少しギャップを感じました。

とはいえ、かかっても10日ほどです。
一度、用意が整いさえすれば、そのあとはずっと商材に書いてある通り2時間でできます。

また、用意を整えるといっても、継続して何かをするわけではないです。
手間もそんなにかからないので、用意自体は簡単でした。

4.ページ数は多いが、極意について書いてあるのはほんの一部

全514ページあるので、全部読むのはかなりしんどかったのですが、一応すべてに目を通しました。

ただ、極意のやり方について書いてあるのはほんの一部だけでした。

大体は、坂上太一さんの体験談や、極意には直接使わないものの説明です。

内容は、公式サイトに書いてある目次の通りです。

第1章:悩みの声
第2章:はじめに
第3章:アルコール分解の個人差
第4章:巷で言われている酒豪になる方法に効果はあるのか 8年間の実験の軌跡
第5章:●●と●●を飲酒の2時間前に●●するだけで、酒豪になれた
あとがき
http://syugou01.com/

この中の、「第5章」だけ読んでも大体の極意の内容はわかると思います。
細かく言うと、合計50ページくらい読めば極意がわかります。

ページ数はかなり盛ってる感はします。
ただ、肝心の極意についてはしっかり書いてあります。
極意のやり方も、かなり具体的に書いてあるので、知りたいことはちゃんと知れます。

5.極意の内容は本物っぽい。詐欺ではなさそう

価格が19,800円と高額なので、「詐欺かもしれない」と思う方も多いと思います。
実際、私も購入前はかなりためらいました。

ただ、読んでみた感じ、書かれている内容や極意は本物っぽいです。

商材内に載せている写真は、坂上太一さんが自分で撮影したもののようです。
また、極意で使うものの説明や、飲んだ結果もとても詳しく書いてあります。


商材内の数ページ

公式サイトには「極意を見つけるまでに50万円以上を投資、8年以上の歳月をかけた」というようなことが書いてありますが、本当にそれくらいかかっていそうな内容です。

6.試すのにちょっと勇気がいるかもしれない

極意に書いてあることを、私はあまりしたことがないので、初めて実践するのには勇気がいりそうです。

ただ、やることは別に違法ではないので(もちろんですが)、個人的にはそこまで抵抗は感じませんでした。

7.返金保証は条件が厳しそう

公式サイトにも書いてありますが、この商品は何の効果もなければ商材代金を全額返金してくれます。

ただ、返金してもらうためには、効果がなかったことの証明をしなければなりません。
その条件も、90日間試した上で確認書類を送るというものなので、手間と時間がかかります。

何の効果もなかった証明として、
商材で紹介しているある方法を90日間試したことが確認できる書類をメールに添付してください。
ご提出いただけない場合は返金保証が適用できませんのでご注意ください。
http://syugou01.com/

律儀に90日間試せる方ならできそうですが、私は途中で諦めてしまいそうです。
といっても、効果が見られたなら返金保証に頼る必要はありませんが。

購入はこちら
>>「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」公式サイト

極意を実践したあと、実際に飲んでみました

読んでみた感じ、書かれている内容や極意は本物っぽいです。
ただ、そこは実践しなければ真偽は分からないです。

なので、真偽を確かめるべく、実際に極意を実践してから大量に酒を飲んでみました。

ただ、残念ながら、周りの知り合いが酒飲みばかりで下戸がいなかったので、自分で体験してみることにしました。

下戸じゃない人が極意を試したらどうなるのか、メールでお問い合わせをしたところ「酒豪の友人に試したところ、本人曰く『全く酔わない』とのことでした。」という回答がありました。

お酒が飲める体質の人が極意を利用した場合でも、なんらかの変化はあるということでしょう。

ちなみに私は、お酒は強い方だと思います。
酒自体が大好きで、毎日ハイボール4杯は飲んでいます。

管理人プロフィール

年齢:26歳
泥酔するまでの平均飲酒量(ビール換算):ビール6杯
1回の飲み会での最高記録:ビール3杯、ハイボール3杯、日本酒4合
私が泥酔したときの特徴:目が据わる、口が常に半笑いになる、顔が赤黒くなる、体をぐるぐる回す、耳たぶを執拗にさわる
※ビール、ハイボールは500mlジョッキ

極意を実践したあとの飲み会の記録

極意を実践して2時間後に、自宅で妹と飲み会をしました。

飲んだのはASAHIの「スタイルフリー(糖質ゼロ)」です。
お酒のチョイスは極意とは関係ありません。個人的にただいま糖質制限をしているためです……。

アルコール度数は4%で、一般的なビールと大きな差はありません。

飲む前の様子

飲み始める前の私です。

飲んだ量が分かりやすいように、ジョッキに移しながら飲みます。
ジョッキは約250ml入ります。

色黒なので、顔色の変化は分かりづらいかもしれませんが(汗)、飲めばちゃんと赤くなります。


1杯目を飲んだ後(累計250ml) 飲み会開始から30分後

1杯目を飲み干しました。
とある事情により、最初のペースはかなり遅めです。

いつもはこの10倍くらいは軽く飲むので、見た目にも振る舞いにも変化はまったくありません。

お酒の味の感じ方も、普段と違いはありませんでした。

普段より食べ物をたくさん食べたので、すでにかなりお腹が苦しくなってきています。


2杯目を飲んだ後(累計500ml) 飲み会開始から35分後

飲むペースがアップしました。
1杯目から10分足らずで飲み干しています。

見た目もほとんど変化はありません。
大体いつもは、ビールを1,500ml飲んだあたりから酔ってきます。

キリがないので、この後はジョッキ2杯飲んだごとの経過をご紹介します。


4杯目を飲んだ後(累計1,000ml) 飲み会開始から1時間後

若干、目が据わってきています。少し酔っ払っている感覚がしています。
口の周りの締りがゆるいです。

気分はかなり盛り上がってきて、飲み会の始めと比べてかなり声も大きくなってきています。
最初は、妹と2人の飲みで何を話せばよいか悩んでいましたが、この頃からは思うことすべてベラベラしゃべるようになりました。


6杯目を飲んだ後(累計1,500ml) 飲み会開始から1時間30分後

見た目は、4杯目を飲んだ後とそんなに大きな違いはありません。

ただ、気分的には順調に酔っ払ってきていて、会話が盛り上がってきました(自分の中では)。

このあたりから、撮影の撮影を忘れかけて、妹に指摘されるなど、注意力が散漫になってきています。

気持ち悪さなどは感じず、まだまだ飲めそうな感覚がしています。
ただ、お腹はかなり苦しく、さっぱりとしたサラダなどしか食べていません。


8杯目を飲んだ後(累計2,000ml) 飲み会開始から2時間後

飲み会が始まってから2時間が経過しました。

目がかなり据わってきて、顔色も少し赤みを帯びてきました(写真写りの問題ではなく、本当に赤くなっています)。

※特典の「顔が赤くなってしまうあなたへ」は今回の実験には使用していません

会社の飲み会などでは、このあたりが1次会の一番の盛り上がり時だと思います。
実際、このときのテンションはかなり高く、しゃべりが止まらなくなっています。

調子が悪いときは、この時点からもう飲めなくなることもあるのですが、今回はまだ飲めそうでした。


10杯目を飲んだ後(累計2,500ml) 飲み会開始から2時間30分後

気分も最高潮に達し、
写真からも笑顔が溢れています。

ほぼ完全に目が据わっていて、つねにニコニコしだしました。
ただ、この時点の記憶はあるので、泥酔とまではなっていません。

部屋が寒くなってきたので上着を着ています。
妹に「すごく笑顔だね」とツッコまれるまで、自分がここまで笑顔だということに気が付きませんでした。
そのくらい酔っ払っています。


12杯目を飲んだ後(累計3,000ml) 飲み会開始から3時間後

10杯目と同様に目が据わっていて、顔が赤いです。

この段階では、実はかなり疲れが出てきています。
テンションのピークが過ぎていて、かなり眠気が襲ってきています。

気持ち悪さなどはありませんでしたが、お腹も一杯で、すぐに横になりたいと思っていました。

口が回らなくなってきており、会話のスピードもゆっくりです。
ほぼ泥酔に近い状態です。


14杯目を飲んだ後(累計3,500ml) 飲み会開始から3時間30分後

疲れがピークに達しています。
笑顔もかなり無理矢理な感じで、眠気がMAXです。

正直、このあたりの記憶はありません笑。
断片的に、妹がやけに笑っていたことと、父親が仕事から帰ってきたことが薄っすらと記憶に残っているだけで、ほとんど意識はありませんでした。


15杯目を飲んだ後(累計3,750ml) 飲み会開始から3時間45分後

15杯目を飲み干した時点で、ビールでお腹がいっぱいになって、流石にこれ以上は飲めなかったのでギブアップしました。

画像は、飲み会が終わったあとの写真です。
目の焦点があっておらず、顔から疲れが見られます。

カメラ映りのせいか、顔色は白っぽく見えますが、実際はもう少し赤みがかかっています。

飲み会の結果と感想

この飲み会で飲めたのは、ジョッキ15杯(約3,750ml)でした。
500mlの缶7.5本分です。

私が飲めるお酒の量の平均が約3,000mlくらいなので、いつもよりも飲める量は増えています。

飲んでいる最中は、「これはいくらでも飲めるかも……?」といった感覚でした。
満腹度からくる腹のキツさや、眠さは襲ってきましたが、「気持ち悪くて飲めなくなる」という限界は見えてきませんでした。

酔いの感じはいつもの飲み会とほとんど一緒で、酔い始めるタイミングもあまり変わりませんでした。

購入はこちら
>>「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」公式サイト

すごいと思ったのは、就寝後や二日酔いの気持ち悪さがなかったこと

飲み会中は気持ち悪さをまったく感じず、気持ち良く飲めました。
まあでも、その点はいつもの飲み会と同じです。
私は大体、飲み会中は気持ち悪さを感じず、就寝後や次の日に気持ち悪くなります。

お酒を飲みすぎたときは、就寝後に気持ち悪さを感じて飛び起きてトイレで吐いたり、次の日に二日酔いになって一日中気持ち悪い状態で過ごすことが多いです。

この極意を試してみて、はじめてハッキリと「すごい」と思ったのは、その就寝後や二日酔いの気持ち悪さを感じなかったことです。

3,000ml以上の量を飲んだときには、まず例外なく気持ちが悪くなるので、今回気持ちが悪くならなかったのは極意を実践した影響といってよいと思います。

ただ、飲み会後に一度、脱水状態のようなフワッとした感覚がありました。
体内のアルコールが急ピッチで分解されたためでしょうか?(アルコールの分解には水が使われます)

真相はわかりませんが、この極意を実践してお酒を飲んだ後は、大量に水を飲んでおいた方が良さそうです。

今回の実践結果は、あくまで私の個人的なものです。
人によって結果に違いはあると思いますが、もし興味があれば買って読んでみてください。

購入はこちら
>>「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」公式サイト

 

当サイトのおすすめ記事

コメントを残す