人がお酒を飲める量は、遺伝子によって大きく左右されます。

「自分がどれだけのお酒を摂取できるのか?」というのはちょっと知っておきたいですよね。

そんな疑問を解決してくれるのが「GENOTYPISTアルコール感受性遺伝子分析キット」です。
簡単な手順で、具体的な検査結果をレポート付きで解説してくれます。

自分のアルコールに対する耐性を知っておくと、飲み会などの付き合い方も変わってきますから、ぜひ一度試してみてください。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでみてください
>>すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

使い方は「綿棒を使って口の中の粘膜を取る」だけ!

検査キットに付属している綿棒を使って口の中の粘膜を取るだけです。
血液検査などと違って痛い思いや面倒なことは一切ありません。

下記の流れで検査ができます。

・検査キットを申し込み
・届いたら口腔粘膜を採取
・申込書に必要事項を記入
・キットと一緒に書類を返送

購入はこちら
『アルコール感受性遺伝子分析キット』

検査結果は15日で分かる!

返送後、およそ15日後に結果レポートとして、自分のタイプを閲覧することができるようになります。

紙レポート版は郵送する時間分すこし遅れて到着します。

9つに分かれた検査結果により、自分がどのタイプなのか分かります。
それによってお酒の飲み方や量を検討していくことで、飲酒による健康被害を未然に防ぐという効果も期待できます。

GENOTYPISTの費用はいくら?

GENOTYPISTこちらから購入が可能です。

購入はこちら
『アルコール感受性遺伝子分析キット』

こちらは公式のもので税抜き5,278円となっています。
保険などは適用外ですから、基本的には丸々自分の負担となります。

しかし、自宅で簡単に検査を行えることを考えると非常に安い値段です。
病院に行って、検査後もう一度再来院する手間がありませんから忙しい人にも最適な検査キットとなっています。

お酒が強いというのは体質?遺伝?

そもそもお酒が強い人というのはどういう人のことを指すのか簡単にご説明しましょう。

お酒に強い人とは「摂取したアルコールを悪酔いする成分に変換する力が弱く、またそれを分解する能力が高い人のこと」を指します。

人間にはお酒に関係する遺伝子が2つあります。

・ADH1B(アルコール脱水素酵素)
・ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)

ADH1Bはアルコールに含まれるエタノールを頭痛や吐き気の元となる「アセトアルデヒド」に変える能力。
ALDH2はアセトアルデヒドを酢酸に変える能力。

分かりやすく言うと、前者の働きにより悪酔いするかどうかが決まり、後者によって二日酔いがひどいかどうかが決まります。

エタノールをアセトアルデヒドに多く変換してしまう人は頭痛や吐き気をすぐに催しますし、アセトアルデヒドを酢酸に変える能力が弱いとアルコール成分がずっと体内に残ったままになってしまいます。

酢酸に変換して汗や尿などと一緒にすばやく体外に排出できる人は二日酔いに悩まなくて済むということです。

それぞれ3タイプの人間がいて、2つを合わせると合計で9タイプの診断結果が出ます。

つまりすぐに酔うけど次の日には残らない人、全然酔わないけど次の日に激しく二日酔いに苦しむ人などに分かれるわけです。

そうした自分のタイプを知ることによって、お酒との付き合い方も変わってくるでしょう。

購入はこちら
『アルコール感受性遺伝子分析キット』