自宅でも簡単にお酒に強いか弱いか判別することができる、アルコールパッチテスト。

やり方はとても簡単で、消毒用アルコールを絆創膏に染み込ませて腕に貼るだけです。
しかし、自宅に消毒用アルコールを常備している人はそんなに多くはないでしょう。
特に一人暮らしなどでは、持っていない人の方が多いと思います。

そこで今回は、一般家庭にもありそうな「日本酒」でアルコールパッチテストができないか調べてみました。

早く下戸を克服したい!という方はこちらを読んでみてください
>>すぐにお酒が飲めるようになりたい方向け。下戸の人が2時間で酒豪になった方法

結論から言うとできません!

アルコールパッチテストでは、70%以上の濃度のアルコールを使わないと正確な結果が出ません。

しかし、ほとんどの日本酒は15度~16度前後のものばかりで、条件をまったく満たしていません。

「だったらアルコール度数70%以上の日本酒を探せばいいじゃない!」と、探して回ったのですが、残念ながら一つもありませんでした。

それもそのはず、実は酒税法で日本酒のアルコール度数は22度未満と決まっているのです。

酒税法上、22度以上の日本酒はどんな製造方法でもリキュールに分類されてしまうため、22度以上の日本酒は存在しないということです……。

日本酒というのは基本的に酵母を使ったアルコール発酵のみで造られるお酒です。

その場合アルコール度数には限界があり、およそ20度前後がその限界と言われています。

これは糖分を食べることによってアルコール発酵をする酵母自身がアルコール度数が高くなっていくことによって死滅してしまうためです。

引用元:日本酒とアルコール度数の関係を詳しく解説

しかし、酒税法上リキュール扱いされてしまっても、日本酒と同じ作り方をしたアルコール度数の高い日本酒も存在します。
玉川酒造の「越後さむらい」は46%もあるそうです。

ただ、日本酒としては珍しくアルコール度数が高くても、それでもアルコールパッチテストにはまだまだ足りません。

いくら探しても、アルコールパッチテストに最適なアルコール度数のある日本酒は見つかりませんでした。

そんなコアな日本酒を探し回るよりも、ドラッグストアで素直に消毒用アルコールを購入した方が話が早いかもしれません。

アルコール度数が70度以上あるお酒はあるの?

モヒートで有名なバカルディが販売しているラム酒に「バカルディ151」という銘柄があります。
こちらがなんと75.5度。
そしてポーランドの有名なウォッカ、「スピリタス」にいたっては96度!

飲む前に燃えそう……というより、消毒用アルコールより家にない可能性が高いです。

一部の人には代用可能?

しかし、世の中には強い弱い以前に「お酒が飲めない体質」という人がいらっしゃいます。

アルコールが体内に入ると、肝臓でまず「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。
この物質は極めて毒性が強く、顔面や体の紅潮、頭痛、吐き気、頻脈などの不快な症状を引き起こします。

そして、このアセトアルデヒドを分解してくれるのが「ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)」です。
ところが、日本人は約40%の人がこのALDH2の活性が弱い「低活性型」のため、お酒に弱い体質といわれています。
さらに約4%の人は「不活性型」と呼ばれ、ALDH2の働きが全くなく、お酒を飲めない体質なのです。

引用元:お酒に強い人・弱い人|DRINK SMART お酒の正しい付き合い方を考えよう|サントリー

この「不活性型」と呼ばれる人は少量のお酒でも気分が悪くなってしまいます。

このような人は、日本酒のようなアルコール度数の低いものでパッチテストを行っても、何かしらの変化があるかもしれません。

遺伝的に家族がお酒を受け付けない体質だったり、少しのお酒で気分が悪くなったり、「もしかしたら…?」と不安に感じる方は、日本酒のような度数の低いお酒でもアルコールパッチテストの代用ができるかもしれません。

アルコールパッチテストには、消毒用アルコールがおすすめです

やはり、コンビニやドラッグストアに売ってある「消毒用アルコール」などを買って来たほうが楽だと思います(手指消毒用なら、テスト後も普通に家で使えますし)。

購入の際はアルコール度数が70%以上のものを選んで買ってください。

ちなみに、私が使ったことのある消毒用アルコールはこちらです。

下記のページでは、アルコールパッチテストのやり方を説明しています。
興味のある方はご参考ください。
>>アルコールパッチテストのやり方を紹介!自宅で簡単4ステップ!

「なんとしてでも下戸を克服したい」という方は、坂上太一さんのレポートを読んでみてください

もし、「なんとしてでも下戸を克服したい!」という方がいれば、下記のサイトで紹介しているレポートを読んでみてください。

>>アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

坂上太一さんという、下戸の方が書いたレポートです。
ビールを1口飲んだだけでダウンしていた状態から、ビールを2リットル飲んでも平気なまでになった方法が書かれています。

お酒の場で一時的に飲めるようになる方法で、根本的な体質改善はできませんが、もし興味があればご覧ください。

私もこの克服方法を実践して、レビューしてみました!レポートの中身も一部公開するので見てみてください。
>>実践レビュー!アルコールパッチテストで医者に下戸認定…を買って試しました!